女性の体調ががらりと変わる!更年期障害とは?

アンチエイジングのためには、美容対策だけではなく、身体の健康も大切なことをご紹介してきました。ここで、女性の老化と密接に関係している更年期と、更年期障害について、詳しく説明しておきましょう。

女性の身体が大きく変化する!更年期とは?

N112_hooduewotukujyosei500
更年期とは、50歳を超えたころに起こる閉経までの前後10年を指します。つまり、45歳くらいから55歳くらいの時期が、一般的な「更年期」となります。では、更年期になるとどのような体の変化が起こるのでしょうか?

まず、一番大きな変化は、「月経不順」です。女性には、毎月ある一定の周期で卵巣から卵子が排出される月経がありますが、更年期になると、この卵子が排出される時期が不定期になります。

例えば、通常28日ごとに月経が起こる人の場合、だんだん月経の間隔が短くなり、月経の回数が増加します。「1か月に2回も生理がきた!」ということも、珍しくありません。

この月経が頻繁に起こる時期を過ぎると、今度は2~3か月に1度しか月経が来ないという時期を迎え、閉経を迎えます。

この生理不順の時期には、さまざまな体調の変化が起こり、体調不良を引き起こします。これを、更年期障害といいます。

更年期に起こる体調の悪化「更年期障害」とは?

では、更年期障害が引き起こす体調不良とは、どんなものがあるのでしょうか?詳しく解説していきましょう。

  • 疲れやすい
  • 体が冷える
  • 息切れがしたり、顔がほてる
  • 異常に汗をかきやすい
  • イライラしやすく、憂鬱になりやすいなど、情緒が不安定になる
  • 肩こりや腰痛などがひどい

これからの症状には、個人差がありますが、ひどい場合には、寝込むほどの症例となって出てしまう人もいます。また、30代のうちからこれらの症状に悩まされ、若年性更年期障害と診断される人も少なくありません。

更年期障害は、ホルモンバランスの崩れが原因

女性の身体は、女性ホルモンの変化に大きく左右されるようにできています。

もともと、卵巣で作りだされる女性ホルモンは、排卵をして妊娠・出産をするために必要不可欠なものですが、そのほかにも精神の安定を保つための働きや、肌の潤いを保つコラーゲンの生成にも必要な役割を持っています。

更年期に差し掛かると、この女性ホルモンが大幅に減少するため、身体の中でさまざまな悪影響が出てきます。
避けては通れない更年期障害とはいえ、この時期をいかに乗り切るかも、非常に重要です。

このページの先頭へ