毛穴にも効く?!オロナインの意外な活用方法とは?

クチコミで評判になっている毛穴改善方法に、オロナインの活用があります。

icon-arrow-circle-o-right 毛穴にオロナインが効くとは、どういう使い方なのでしょうか。ここでは、オロナインの効能と、その使い方のアイデアをご紹介しましょう。
5d0155d844a747b6cad55205ea6f8796_s

そもそも、オロナインって何に効く?

オロナインは、大塚製薬が製造販売している日本を代表する皮膚疾患の塗り薬です。初めて発売されたのは、1953年といいますから、かなりのロングセラー薬といえます。

オロナインの効能は、以下の通りで、皮膚に関するトラブル全般を、ほぼ網羅しています。

【オロナインの効能】

にきび・吹出物・はたけ・やけど(かるいもの)・ひび・しもやけ・あかぎれ・きず・水虫(じゅくじゅくしていないもの)・たむし・いんきん・しらくも


使われている主成分は、クロルヘキシジングルコン酸塩液で、主に殺菌効果があり、消毒薬として広く用いられています。

お肌のトラブルの中でも、代表的ともいえるニキビは、毛穴のつまりにアクネ菌が増殖することから起こりますので、このアクネ菌の活動を抑える効能があることがわかります。

icon-hand-o-up 毛穴の開きそのものには、菌が関係しているわけではありませんが、このオロナインを毛穴対策で使用している人が多いのも事実です。それは、どんな使い方なのでしょうか?

クチコミで評判のオロナインを使った毛穴ケアとは?

【使い方事例:1】毛穴パックの前に、オロナインを塗ると、角栓がよく取れる。

きれいに洗顔した後に、まず、オロナインを気になる毛穴に、たっぷり塗り込みます。しばらくしてから、余分なオロナインをぬるま湯で洗い流してから、毛穴パックをします。

すると、何もしないで毛穴パックをするときよりも、角栓がかなりよく取れるそうです。オロナインを塗ると、毛穴が開きやすいという声が多く寄せられています。

【使い方事例:2】就寝前に、オロナインを毛穴にたっぷり塗り込み、そのまま寝ると、毛穴が小さくなってくる。

オロナインそのものを、パックのようにたっぷり毛穴に塗り込んで、そのまま長時間放置することで、毛穴が小さくなっていくという事例です。黒ズミの解消にも、効果があるという声もあります。

オロナインは、基本的には、ニキビなどの皮膚疾患用の塗り薬です。オロナインパックの効果があるかどうかは、人によって異なりますので、ご自身の判断でトライアルするようにしましょう。


このページの先頭へ