正しく使おう!UVクリームのつけ方&塗り替えどきとは?

せっかく、自分の肌に適したUVを選んでも、正しく使えなければ、紫外線防止の効果があがりません。ここでは、正しいUVクリームのつけ方と塗り替えどきを、ご紹介していきましょう。

UVクリームを塗る前に気をつけたいこと

UVクリームを塗る際に、第一に注意したいのは、「ムラのないように塗ること」です。顔全体に、均等に塗る様に心がけましょう。

もし、塗り漏れた箇所があると、その場所だけ日焼けをしてしまうことになりかねません。そして、できれるだけ厚さが1mmくらいになるように、塗ることが大切です。

UVクリームを塗る手順とは?

bd589e98f7fa2338d400779d8c851d74_s
1: まずは、しっかりと肌のお手入れを!
洗顔後に行うお肌の手入れを、まず念入りに行いましょう。化粧水や乳液でしっかり保湿して、お肌が乾燥しないように心がけます。化粧下地兼用のUVローションや乳液を使う場合も、同じです。

2: UVクリームは、1円玉程度の量を手に取り、均等に伸ばしていこう!
お肌のお手入れがすんだら、まずは、1円玉程度のクリームを手のひらの上につけます。クリームタイプの場合は、薬指で手のひらでなじませていきましょう。

UVクリームをなめらかにするために、普段、使用している乳液を少し混ぜても構いません。また、化粧下地兼用タイプのものなら液体状のものが多く、とくになじませる必要がないので忙しい人に便利です。

3: 顔全体に塗りムラがないようにのばしていきます。
顔にクリームを伸ばす際は、力を入れ過ぎないでなじませていくようにすることが重要です。顔の皮膚は、とてもナイーブですので、過剰な刺激を与えないように、やさしく伸ばしていくとよいでしょう。

4: 鼻や頬、おでごなど、日焼けしやすいところに重ね塗りを!
顔の中で、最も日焼けしやすいのは、鼻や頬など、顔の凹凸の高い部分です。こういう部分には、とくに念入りにUVクリームを重ね塗りしましょう。

Tゾーンと重なる部分ですので、皮脂浮きなどもしやすい場所ですので、こまめなケアが必要です。

5: UVクリームを塗り込んだ後に、お化粧を!
最後は、ファンデーションやチークなどで、普通にお化粧をすると完成です。

UVクリームの塗り替えどきとは?

朝、完璧にケアをしていても、汗や皮脂などでUVクリームが流れてしまいます。目安は、2~3時間おきに、UVクリームを塗りたす工夫も必要です。

化粧水をしみこませたパッドなどで、お肌をケアした後に、UVクリームを塗って、その後ファンデーションでお化粧直しをするようにすると、紫外線防止効果が持続します。

icon-arrow-circle-right オフィスなどの屋内にいる場合は、さほど気にする必要はありませんが、外出しているときには、こまめにケアするように心がけるとよいでしょう。


このページの先頭へ